【チョンブリ】ここに絶景があります@タイのグランドキャニオン 

ブリ子
どうも、はじめまして。

バンコクからこんにちは!

バンコク
在住11のブリ子です。
 

初投稿では、バンコク近郊の「穴場スポット」を紹介しますね。

バンコクの観光名所をほぼ制覇した方にとって、今回の記事は必見です!

アメリカアリゾナ州に広がる大規模な渓谷『グランドキャニオン』

実はタイにも「グランドキャニオン」が存在するのです。

特に、崖の手すりからの眺めは相当なスリルがあります。

まさに遊園地の絶叫マシーン以上の興奮!

さすがアメージングタイランドです。

今回は、タイのグランドキャニオンを紹介します。

 
それでは~ レッツラGo!

期待以上の絶景!タイのグランドキャニオン

今回訪れたのはチョンブリ県にある、その名も『タイのグランドキャニオン』。

11年以上もタイに住んでいますが、こんな場所があるなんて知りませんでした。

バンコクからだいたい1時間半くらいで到着できます(渋滞していなければ)。

Google マップを頼りに、道に迷うことなく行けました(すべて夫のおかげです)。

入場料

入口で駐車代金20バーツだけ払います。

入口で駐車料金を20バーツ支払うだけで入場できます。

また、駐車場に小さな売店のような場所があるので、ここで飲み物を買うと便利です。

到着した際、店員さんがハンモックでお昼寝をしていました。

こののんびりとした雰囲気が好きです。

こうしたゆる~い感じがタイらしさを感じさせ、私たちにはとても魅力的です。

きっと、家族経営の場所なのでしょう。

 

駐車場から少し歩くと、崖の端にたどり着きます。

そこには命がけのアトラクションのブランコ。

息子と少しだけこのブランコに乗ってみましたが、ロープが切れた場合の事を考えると

恐ろしい。。

私たちは座るだけに留めました。

まさに、命がけの冒険。

このブランコを越えると、タイのグランドキャニオンが広がっています。

写真では伝わりにくいかもしれませんが、絶景の美しさに驚きました。

崖の端に立つと深い谷底を覗き込む感覚で、膝がガタガタと震えました。

夕日が見える時間帯は、さらに美しい景色が広がるでしょうね!

手すりは信頼性に欠けることがあるので注意が必要です。

我が家の子供たちは、息子がチョロチョロと動き回り、娘がギリギリの場所で写真を撮りまくり

何度も冷や冷やで心配でした。

 

グランドキャニオンの地図

 

まとめ

タイのグランドキャニオン、期待以上の絶景でした。

入場料などは一切必要なく、駐車代金を20バーツだけ支払います。

車がないと正直アクセスが難しい場所かもしれませんが、

機会があればぜひ訪れてみてください。

それでは、また!