【バンコク】【2022年】タイは「雨季」に突入!「雨季」になると困る5つの事。

タイの気象局が【2022年】5月13から
「雨季」の始まりと発表しました。
雨季と言えばドリアンの季節!
バンコク在住12年ですが、
まだ1度も食べたことないです。

6月中旬から7月中旬までは雨が少なく
水が不足する予想とのこと。

逆に8月から9月は最も雨が多くて
台風の影響も多いと予想されています。

タイ北部は10月中旬、南部は1月中旬まで雨季だそうです。

タイには”3つの季節”がある

毎日が暑い夏のタイですが、その夏の中にも

「暑季」「雨季」「乾季」の3つがあります。

暑季 3月後半~5月
雨季 5月後半~10月
乾季 11月~3月前半

タイに来るベストシーズンは、やはり乾季ですね❣
日本の「春」のような感じで、
20度以下になることもあります。

空気が軽いというか澄み切っていて
快適でとても過ごしやすいです。
長くは続かないですが笑。

タイの雨季、どれくらい降るかって言うと

辺り一面が川のようになります。
水はけ悪い場所だと、あっという間に
こんな状態になります・・。

こんな時は、大雨が来る!

雲の動きが早くなり、空がだんだん暗くなり始めます。
生暖かい風が激しく吹きます。
木が、ものすごく揺れ始めます。

屋台の人達を見ていれば分かると思います。
素早くお店が濡れないように準備し始めます。
ビニールシートを掛けたり、パラソルを準備したり。

雨季に起こること5つ!

バケツをひっくり返したように雨が降る「雨季」のタイ。
そんな大雨の後は、そこらじゅう大変です。
雨の日に起こる事、「5選」です!

①大渋滞

普段から渋滞するバンコクが
大雨が降ると、さらに悪化。

冠水した道路は、どれくらいの深さかわかりにくく
分からず前に進んでしまう事があります。

前を走っていた車が、深い水たまりで立ち往生していて
引き戻した経験も何度かあります。

こんな道路状況なので、大渋滞となります。

そして、タクシー乗車拒否or値上げ交渉してきます。

➁そこらじゅうで冠水

水はけ悪いから、全く水がひかない。
本来道路のはずの場所が、大きな水たまり状態に。

深い所は、膝くらいの深さに!

雨がやんでも、水がひくのに時間がかかるので
近くで待機か、ジャブジャブ入っていくかなんですが

タイの道路はデコボコしていて
「こんなとこに穴が!」とか、突起物があったり
危ないです。

冠水してると、更に地面が見え辛いので
注意が必要です。

とは言え、、子どもが小さい頃は
仕方なく、ベビーカーと子どもを担ぎ
じゃぶじゃぶ入って行ってました。

泥水に入っていった靴は
洗っても臭いが取れず、捨てました😣

ゴキ〇リや色んな生き物が・・・。ギャー💦

③日本のように傘が売られてない

バケツをひっくり返したように降るし、
風もあって横殴りの雨なので
もはや”傘”の意味もないんですが。

タイ人は、日本人のように
雨が降っても傘をささない人が多いです。
基本、どこかで雨宿りをしています。

日本なら、雨が降りそうになると
コンビニとか店頭で傘を販売しているのを見ますが
こちらでそのような光景はあまり見ません。

傘をさすよりカッパ派が多数。
ゴミ袋をすっぽりかぶる。
頭だけレジ袋をかぶる。(頭は濡れたくないタイ人。)

④雷がすごい

稲光とともに”バーン!”とものすごい音がして
一瞬”ビクッ”とすることがあります。

大雨のあと外にでると、落雷があったのか
大きな木が倒れているのを見たことが
何度かあります。

⑤停電する

雷がひどいときは、”バーン”とどこかで音がしたあと
停電したりします。

一度、シャワー中に停電になってしまって
暗闇で水シャワーという、最悪な経験しました。

雨季に気を付けるべきこと

  1. 大雨の時は、車に乗らない方がベター。
  2. 冠水すると凸凹道路のタイは危ないので気を付けて!
  3. 傘+レインコートが安心。
  4. 雷に気を付けて!
  5. 停電もあり得るので、備えあれば憂いなし。

まとめ

タイの雨は、基本すぐ止む場合がほとんどです。
「雨季」には、1日に2-3回くらい降ります。
日本の梅雨のように、朝から晩まで降っている
と言う事はありません。

ただ、ものすごいゲリラ豪雨です。
前が白くなって見えないほど降ります。

数分前までは明るかった空が
急に厚い雲に覆われて、
”ポタポタ”から”ザーーー”っと
一気に降り出してきます。

びしょ濡れにならないように注意です。
お風呂上がりのようになりますからね笑